椿の花

March 23, 2009

お休みの今日、駅でいうと2駅くらいの、ちょっと遠出のお散歩をしてみた。

あまり歩いたことのない閑静な住宅街を歩いてると、

向こうから歩いて来たロングヘアの見知らぬ老婆が私を呼び止め、

 

「はい、これ。」

と、椿の切り花を差し出した。

 

「・・・え・・・っ?・・・」

と私が戸惑っていると、

 

「この間、約束したでしょう、これ家の庭の椿よ。貰って。」

という。

 

いかにも「徘徊中」という風情の彼女だったので、

「そうでしたね、どうもありがとうございます。」と言って受け取った。

 

「貰ってくれてありがとう」

と言って老婆は立ち去って行ったが、

少し寂しげな後ろ姿に心がチクリと痛んだ。

 

家に帰ってから、その小さなピンクの椿と、

井の頭線の線路脇に生えていた黄色い花を生けてみたら、

なかなか可愛い。

そういえば一昨日はお爺ちゃんの命日だったな。

お彼岸だし手向けの花にして、偲んでおこう。

 

 

 

Please reload

エッセイ

いい人をやめると楽になる

September 2, 2009

1/9
Please reload

Recent Posts

November 22, 2014

November 9, 2012

October 26, 2012

September 6, 2012

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Twitter Classic

Twitter

  • Facebook Classic

Facebook

© 2023 by DANGEROUS GEE.  Proudly created with Wix.com