小さな詩人

August 8, 2009

 

 

大阪の実家の家族旅行に参加して、先週末は越前三国の海に行った。

兄夫婦と甥と姪の子供達、母と私の6人で、

それは楽しい旅だった。

 

可愛い11才の姪っ子と5才の甥っ子と会うのも、

実家に帰る楽しみである。

姪っ子はスポーツが得意なおてんばな体育会系だが、

甥っ子の方は、5才の割に言う事が文学的で驚かせられる。

 

夕食のとき、生卵を深皿に割って、箸でかきまぜながら、

 

「タマゴが夕焼けになったよ~。」

 

なんて言う。

たしかに白身と黄身がまだらになった卵は夕焼け空みたいだ。

 

海水浴をした海岸で、

つるつるになった小石を拾って大切そうにしているので、

綺麗な石やね、と声をかけると、

 

「これ、海がくれたよ、叔母ちゃん。」

 

なんて詩的なことを言うから、いちいち感動してしまう。

 

 

私の母が言うには

冬に旅行したときも、海岸でみたカモメを指さして、

 

「カモメがひやひや飛んでるねえ。」

 

と言って、「ひらひら」でなく「ひやひや」と言ったのが、

鉛色の空を、寒そうに飛んでるカモメにぴったりな表現で、

俳句をしてる母も感心したそうだ。

 

 

私から見ていると、イマジネーション豊かで感性のするどい、

素晴らしい子供だが、

いつも現実と空想がごちゃ混ぜになった話をして、

保育園では変わり者扱いらしい。

 

兄も兄嫁もそれを心配しているのだが、

私の子供の頃も、まさにそんな子供だったので、

近頃はこれくらいの個性もはじかれてしまうのかと少しビックリ。

 

 

「アンタは本当に詩人みたいですごいね!!」

 

というと、詩人の意味を知ってんだかは謎だが、

褒められて嬉しいらしく、満面の笑顔である。

本当に可愛い。

 

 

 

Please reload

エッセイ

いい人をやめると楽になる

September 2, 2009

1/9
Please reload

Recent Posts

November 22, 2014

November 9, 2012

October 26, 2012

September 6, 2012

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Twitter Classic

Twitter

  • Facebook Classic

Facebook

© 2023 by DANGEROUS GEE.  Proudly created with Wix.com